ビートたけしの事故前の顔と事故後の顔の画像。諸星和己の会見とは?現場が話題

映画監督や画家としても活躍し、世界中の人物から愛されているビートたけしさん。今回は、ビートたけしさんが起こしたバイク事故について調査しました。

ビートたけしの事故前の顔が凄いイケメンだった!?

1994年に起こしたバイク事故の影響で、ビートたけしさんは後遺症として顔面に麻痺が残ってしまいました。

事故から20年以上経っているため、現在の顔に違和感を感じる方は少ないとい思います。

ここで、事故に遭う前の若かりしビートたけしさんの写真を紹介したいと思います。いつの頃のものかは分かりませんでしたが、男前な顔をされています。

顔が良く、面白いと言われていたビートたけしさんは、女性人気が高かったに違いありません。

スポンサードリンク

ビートたけしの事故後の顔はどんな顔?画像

事故で生死を彷徨う程の大けがをしたビートたけしさんは、賢明なリハビリを経て現在のように活動できるまでに至りました。

しかし顔に麻痺が残ってしまい、特に笑顔を見せる際に症状が確認できます。

年々、滑舌にも影響が出ていて、何を話しているか分からないという声も上がっていました。

そんな中、自分が監督を務める映画に俳優としても参加されるなど、障害による活動への制限はされていないようです。

ビートたけしの事故と諸星和己の会見とは何?

1994年、バイクで走行中に大事故を起こしてしまったビートたけしさん。その第一発見者となったのは、諸星和己さんでした。諸星和己さんは、携帯電話を使い救急車を呼び出し救護にあたったと言われています。

この件については、事故後のビートたけしさんが開いた会見で語られることはなく、2014年に放送された番組でビートたけしさんが語っていました。

実はあんまり覚えてねぇんだよなぁ、どこで事故ったかは。

でも、そういえば、オレのことを諸星が見つけてくれたんだよな

ビートたけしさんはこの他にも事故現場について語っています。

スポンサードリンク

ビートたけしの事故現場はどこ?

ビートたけしさんが事故を起こした場所は、東京都新宿区元南町安鎮坂(あんちんざか)通りという場所です。

写真で見る限りとても緩やかなカーブに感じますが、事故の原因は飲酒運転をしていたため、カーブを曲がり切ることができなかったからとのこと。

また深夜の外出について、理由は定かではありませんが、細川ふみえさんの自宅に向かっていたのではと言われています。

ビートたけしの事故と細川ふみえとは何?

1983年1月から放送されていた『スーパーJOCKEY』にて司会者として共演を果たしたビートたけしさんと細川ふみかさん。

当時ビートたけしさんの自宅に細川ふみえさんが出入りする様子がスクープされるなどして、愛人疑惑が出ていました。

また、ビートたけしさんは事故についてこのように語っていたそうです。

生死をさまよった94年8月のバイク事故について、夜中に“浮気相手”に会いに行く途中の事故だったこと、事故で「死んでたらよかった、と思った」ことなど、衝撃の告白をしました。

大物芸能人が公言する「浮気相手」という存在に、多くの方が興味を抱いたかと思いますが、その人物については明かされていません。

また、芸能活動を休止していた細川ふみえさんがバラエティに出た際、ビートたけしさんとの関係について聞かれ、このように話していました。

私のことは友達だって言ってくださったことはあります。たけし軍団のメンバーがはれものにさわるように話しかけてこなくなり、屈託ないダチョウ倶楽部の存在が安らぎだった。

ビートたけしさんを敵に回すことも考えられるこの件については、この話以上に掘り下げられることはありませんでした。

やはり芸能界ではイメージ第一のため、迂闊な発言が出来ない様子が窺えます。

スポンサードリンク

ビートたけしの事故直後の画像は?

ビートたけしさんは、事故で頭部に重傷を負ってしまいます。その後、面会謝絶の集中治療によって奇跡的な回復を遂げました。

59日間、入院をしたビートたけしさんは退院後の会見では、顔面麻痺が酷く残る状況でこのようにコメントされていました。

「(死について考えることができたのは)いい勉強になった」、「(事故は)軍団がブレーキに仕掛けしたんじゃねえかと思ってるんだ」

「頭にボルトが入っていて飛行機の金属探知機に引っかかる」、「顔面麻痺が治らなかったら芸名を顔面マヒナスターズにします」

「(事故直後)その部分だけはほとんど記憶がない。事故は自分の不注意だった」

毒のあるコメントに定評があったビートたけしさんは、会見でも自虐を披露していました。痛々しい顔の反面、いつも通りの調子に安心した方も少なくありません。

ビートたけしの事故の時のバイクのメーカーはどこ?

ビートたけしさんが起こした事故は、バイクの性能によるものではありませんが、やはり気になるのは事故を起こした車種ですね。

調べてみると、どうやらヤマハジョグアプリオと言われています。

当時の最新機種だったことからこのように言われているようですが、詳しい詳細は分かっていないようです。

ビートたけしの事故の時のヘルメットのメーカーはどこ?

頭部の重傷を患ってしまったビートたけしさんですが、バイクに乗っていてということはヘルメットは着用していたと思われます。

しかし事故当時のビートたけしさんの様子を知る方がいないため、確信的な情報はありませんでした。予想としてはこのように言われています。

・愛人報道などで注目されていた時期だったため、顔ばれを防ぐためにフルフェイスのヘルメットを着けていたのではないか。

・頭の損傷が大きいことから、ヘルメットのベルトを外して走行していたのではないか。

どちらの可能性もあり得る状況ではありますが、事故から20年以上経っている現在では詳細が明かされることはないと思われます。

ビートたけしの事故と創価学会の関係性は?

芸能人で宗教といえば、『創価学会を思い浮かべる方は多いと思います。自分で進んで入ったと言われる方や、親の影響で創価学会に入っている方もいるようです。

何かと悪い印象を持たれる『創価学会』ですが、ビートたけしさんの事故とは全く関係ないものと思われます。

ビートたけしさん自身も、勧誘が困っているようなことを話していたようで、直接的なつながりがないとも考えられています。

ビートたけしの事故の新聞写真

大物芸能人の生死に関わる事故について、テレビや新聞が大きく取り上げていました。

しかし、現在よりも技術が進んでいないためか、当時の様子はほとんど残っていませんでした。

しかし、ビートたけしさんが入院中に暇つぶしとして行っていた手書きの新聞記事がありましたので、紹介していきたいと思います。

相撲の結果のようですが、所々に思わず2度見をしてしまうようなユニークな点が隠れていますね。

こちらは新聞のお便りコーナーと思われますが、名前や年齢の非現実感が面白く感じます。

現在もバラエティや情報番組で活躍されているビートたけしさん。

今後も独特なセンス笑いや映画を作り上げてくださることを楽しみにしています!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)