千原せいじの在韓伝説?息子の現在と嫁の画像。高校はどこ?身長が凄い。

芸人ながらも日本よりも海外にいる時間が多い千原せいじさん。今回は、千原せいじさんについて紹介していきます。

千原せいじは在韓だった!?

千原せいじさんは、1989年から弟である千原ジュニアさんと芸人として活躍されています。

現在は様々な国に赴き、日本にいる時間があまりない程とのこと。

そんな千原せいじさんですが、世間では疑惑が上がっています。その理由は名前にあるとのことです。

千原の「千」という字には韓国語で「チョン」という読み方があり、韓国人のためにこの字を使っているのではと思われています。

また、顔が特徴的なことも相まって在日疑惑があるとのことですが、千原せいじさんはコメントされていません。

しかし、千原という苗字が日本には昔からあるようで、一概に苗字だけで在日と決めることはできないようです。

スポンサードリンク

千原せいじの伝説とは何?

千原せいじさんは、破天荒で自由な常識にとらわれない性格をしています。そんな千原せいじさんは、様々な伝説を残しています。

ドライブスルーにて、ポテトを入れられ忘れたことがある。

車での外出中、マクドナルドのドライブスルーでメニューを注文し、高速道路に入ってから中身を確認したところ、

ポテトが入れ忘れられていたことが分かった。すぐさま怒り心頭で店に引き返し、入れ忘れのポテトのみならず

引き返したことで無駄足となってしまった高速道路の利用料金についても賠償するよう要求した。

最終的には直接本社へクレームの電話を入れる事態にまで発展したが、応対した担当者が

「我が社のポテトをそれ程までに愛して頂き、ありがとうございます」と低姿勢に応じると、

「構わへん、構わへん!」と途端に上機嫌になり丸く収まった。その後ジュニアに「あの店は最高やで!」と自信満々に語ったという。

店員さんの誠意ある対応に機嫌を良くしたようですが、千原せいじさんの見事な手のひら返しがとても面白いですね。

若手時代、営業の時の車への文句が因縁になった。

若手時代に営業に行った際の車がたまたま中古車だった。ジュニアは我慢していたのだが

せいじがこれ聞えよがしに「何で俺らがこんなボロい車乗らなアカンねん!」と運転手に八つ当たりしていた。

その日は終始機嫌が悪く運転手にも当たり散らして終わった。

数年後、せいじが結婚の挨拶のために妻の実家を訪ねるとその運転手が妻の兄として実家にいた。

お兄さんは、家族の中で最後まで結婚を反対していたとのことです。結婚した後も、当時の文句を許してもらえず仲が悪いとのことです。

普通では考えられない奇跡を起こした千原せいじさんですが、海外でも驚くような伝説を生み出しています。

マサイ族を従えたことがある。

マサイ族の生活についてのロケに行った際、そこは一夫多妻制だった。

簡単な挨拶を交わした後、子供たちが10数人登場し、せいじが「自分の子は、どれ?」と聞いた。

それに「一夫多妻制なので、全部自分の子供です」と返した瞬間に「自分、やるなあ!!」と肩を組んで即意気投合

次の日から、せいじを先頭にマサイ族が後ろに付いていく様になった。

サルを従えたことがある。

全く人には懐かないと言われている現地の猿と、せいじがその猿のエサの取り方をマネ(岩にくっ付いたカキを石で割る)をして

エサを与えたら受け取り、他の猿がエサを貰うのを順番待ちしていた

人種を超えて絆を深めることができる千原せいじさんは、昆虫のアリが餌を運んでいる様子に感動すると言います。

純粋故に、誰とでも心を通わせることができるのではないでしょうか。

千原せいじの息子は現在名古屋にいる?

破天荒な千原せいじさんですが、2002年に一般の方と結婚されています。元々は千原兄弟のファンだったようです。

2003年には第一子である長男が誕生し、千原せいじさんさんは立派なお父さんになりました。

誕生当時、叔父にあたる千原ジュニアさんもメロメロだったという息子さんですが、幼くしてテレビデビューをされているとのこと。

『千原夕のしょうゆ旅』

まだ5歳の夕が様々な家庭で料理をご馳走になるべく、醤油が入った一升瓶を番組特製の小さな台車で引きながら東海3県各地を旅する企画。

毎週放送されていたレギュラーコーナーで、父親のせいじも夕の付き添いという形で出演していた。2010年4月10日放送分をもって終了。

こちらは『幸せの黄色い仔犬』という名古屋テレビの番組とのこと。そのため、2008年~2010年までは名古屋にいたことになります。

2019年現在、放送終了から9年になり夕くんは16歳と高校生になったため、もしかすると引っ越しされているかもしれません。

現在は一般人として生活されているのか、その後の夕くんについての情報はありませんでした。

スポンサードリンク

千原せいじと嫁のインスタ画像。

千原せいじさんのお子さんである夕くんは、千原せいじさんにそっくりな父親譲りの顔をされています。

ここで気になるのは千原せいじさんの奥さんですが、一体どのような顔をされているのでしょうか。

千原せいじさんの奥さんとの写真を公開されていますが、調べてみたものの奥さんの顔は出ていません。

千原せいじさんはInstagramをされていますが、奥さんを出しているようなものはありませんでした。

大物芸能人の方の奥さんであっても、一般人ということは変わらないため、今後も顔を公開される予定はないと思われます。

しかし、テレビで見かける芸人の奥さんや恋人は美人の方が多いように思います。

そのため、千原せいじさんもとびきり美人な方と結婚されたのかもしれませんね。

千原せいじの店は東京と京都と吉祥寺と大阪にある?

破天荒さと適応力を武器に世界で活躍されている千原せいじさんですが、実は経営もされているとのこと。

きっかけは後輩芸人から、芸人が働ける場所がないという相談を受けたことからでした。

確かに、芸人のように仕事が確実に決まっていない職業バイトに向いていないと言います。

そのため、芸人を雇う場所が少なく生活できないために苦しんでいるという話を後輩芸人にされたとのこと。

困っている人を放っておけない千原せいじさんは、「お金はあるから物件だけだ」と話したそうです。

しかし、後輩芸人は既に物件を決めており、あとは千原せいじさんがお金を払うのみになっていたとのこと。

その後、第一号店となる『せじけん』が誕生しました。その後、後輩にそそのかされてバーも経営するようになります。

後輩にためのお店が経済効果を生み、現在では『せじけんグループ』として東京・京都にお店を構えいるとのこと。

意外にも、千原せいじ御用達のお店がある大阪には、現在お店を出店されていませんでした。

スポンサードリンク

千原せいじの出身高校時代はどこ?学歴!

様々な伝説を持つ千原せいじさんですが、高校でも伝説を残していたと言われています。

京都府出身の千原せいじさんは、福知山産業高校(現在は福知山成美高校)に通っていたとのことです。

福知山成美高校は、京都府福知山市にある私立高校です。学校法人成美学園が運営しており、2000年に創立130年を迎えた伝統校です。

学科は普通科と商業科の2つがあります。普通科には「アカデミーコース」「特進文理国際コース」

「進学コース」「ベーシックコース」という4つのコースがあり、商業科には「マネジメントコース」があります。 

偏差値は36-63とのことで、進学コースがあるため差が生じているようです。

ここでは千原せいじさんは、普通科に通っていたようですが、このような伝説が語られています。

・高校のマラソン大会で途中から親戚の女性が運転する車を使う不正をして、世界記録をはるかに上回るタイムでゴールイン

・他にもカンニングなどで、高校時代は8回も停学処分を受けている

誰も真似しないような不正を堂々としてしまう千原せいじさんはさすがとしか言いようがありません。

一周回って天才とも考えられる千原せいじさんですが、千原ジュニアさんは兄の学生時代についてこのように話していました。

高校入学の際に知能指数を計り、普通に勉強をすれば東大に行けるレベルだったといいます。

その高校始まって以来の高い知能指数を叩き出したそうです。

そのため特別進学コースに入れられるものの成績が悪すぎて2年生から普通科になったそうです。

どちらの伝説も内容は真逆ながらもあり得そうな内容ですね。天才と馬鹿は紙一重とも言います。

千原せいじさんは、その言葉通りの人なのかもしれません。

『芸能界のジャックナイフ』千原ジュニアの事故前の画像が半端なかった。画像あり。

千原ジュニアの事故前の顔が怖すぎ韓国人?事故直後のヘルメット写真詳細

2019.02.11

千原せいじの時計と身長体重がヤバい!?

お金持ちの象徴といえば高級時計といっても過言ではありません。もちろん千原せいじさんが愛用されている時計も高級品です。

海外に行く際にも着用されているその時計は『ウブロ』というメーカーの300万円以上の値が付く腕時計です。

『ウブロ』では高級時計を扱っていて、最低でも80万円以上のものしか取り扱っていません。ちなみに最高額は約4000万円とのこと。

千原せいじさんについて調べていると、他にも意外な事実を発見しました。

なんとなく小者臭が漂う千原せいじさんは、身長181㎝体重75㎏と見た目に合わず高身長です。

普段は180㎝の千原ジュニアさんの隣にいたり、座っていることが多いため、あまり気付かれにくいですが良い体格をされています。

現在も海外での活躍を続けている千原せいじさん。これからも海外でたくさん活躍し、伝説が増えていくことを期待しています!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)